条件を吟味して!効率よい部屋探しをしよう

賃貸物件を探すときに何を目的に探すのか

駅を限定しすぎない

数多くある物件を絞るための方法としてエリアを絞る方法があります。ですが○駅と決めてしまうことはやめるようにしましょう。なぜなら、その駅周辺の空き物件の中でさらにあなたが希望する条件をはめ込むわけですから、限局したエリアでは物件の数は必然的に少なくなってしまいます。
住みたい街がたとえ昔から憧れていた街だったとしても、実際にその生活環境ではいくらくらいの家賃が相場なのか知っていますか?人が集まる場所は商業地や利便性の高い街であることが多く、相場よりも家賃が高くなっていることが多いですので、結果出せる家賃を大幅にオーバーしてしまうことになります。人が集まる街は、日中や夜間問わず多くの人が行き交いますので、早朝ゴミだらけということもあるんですよ。

地域や路線で検討する

それでもやっぱりあこがれの街に住みたい、ということはありますよね。それがどうしても譲れない条件という場合には、地域や電車の路線で検討することも一つの方法です。その街に住む、というのを少し緩めて近いエリア、例えば徒歩圏内であったり電車だと乗り換えなしで行くことができる、という条件にまで広げておくとかなり希望に合った物件を見つけることが可能となります。
今はシェアサイクルなどもありますので、自転車で移動するという手段をとることもできます。路線で物件探しを行う場合には、○駅から●駅までの間というように区間を決めておくとより希望に沿いやすい物件を探すことができます。条件に見合うものがない場合は、少しずつ駅の区間を広げていけばよいのです。